サイトメニュー

絆創膏メザイクのススメ

医者

絆創膏メザイクはコスパ抜群

二重幅が広く、まるでお人形さんのようなぱっちりした目は、女子に大人気ですよね。とはいえ、二重にするために整形するのは少々敷居が高いものです。そのため、手軽な方法で二重にしたり、癖付けをする方は多いですよね。メイクの際に、まぶた同士をくっつける接着タイプののりやシールは、特に代表的な二重ツールです。これらのタイプは、安くて種類も豊富です。ですが、目を閉じた時に、皮膚が不自然につったりするので、ばれやすいです。なるべく自然にばれない目元を作りたい方の為に、メザイクという方法があります。ばれにくい透明な糸を使って、まぶたをデザインするというツールですが、値段が割高なのが難点です。しかも失敗をしようと張り直しをすると、また新しい糸を使わなくてはいけないので、大変です。自分にあった二重の幅を見つけたり、糸が取れないようになるべく一度で綺麗に仕上げるようにしなくてはいけません。メザイクを使って、自然に仕上げるにはそれなりの練習と慣れが必要です。うまくできるようになれば、自然に可愛い目元が作れます。
メザイクは自然に可愛いく仕上げることができますが、その分キットも高いです。そのため、コスメにお金をかけたくない方は、絆創膏メザイクを使ったメザイクが密かに人気です。これは、絆創膏を薄く細く切ったものを糸のように伸ばしてまぶたに貼っていくものです。絆創膏一枚でたくさんのメザイクが作れるのでコスパ抜群です。絆創膏一箱分もメザイクを作れば、かなりの量になります。量がかなり作れるので、失敗しても何度も新しいものを気軽に使えます。メザイクを練習しながら、自分の理想の二重幅を作ってみたり、夜に貼って二重の癖付けをしたりすることもできますよ。まぶたが厚い方は、少し糸を太めにしたりあるいは、まぶたの形に合わせてそのまま切った絆創膏を張り付けるのもおすすめです。元々、皮膚に優しい接着剤で作られているので、皮膚に負担が少なく済みます。100均などでは、この絆創膏の素材を使ったメザイクが売られているので、ハサミで切るのが苦手な方は、そういった商品を購入するのもいいですよ。